どちらが良い?集合研修とeラーニングのメリット徹底比較

今回は集合研修とeラーニングの違いについて解説していきましょう。
集合研修とeラーニングではその用途や利点などに大きな違いがあります。

集合研修の場合

まず、集合型研修から説明していきます。
集合研修では全体で意識を共有したり、実際に共同で何かに取り組めるといったメリットがあります。
会社という組織として動くには必要な要素があると思います。

しかし、会場の費用や講師依頼料、更には移動やテキストの用意などの手間やコストが非常にかかってしまいます。
更に、いくつかの企業を持っている場合では、全員が一堂に集まるという事は困難です。
社会人となればだんだんと動きづらくなってきますが、集合型研修ではそれらに対応することが中々難しくなってきたりします。

eラーニングの場合

一方のeラーニングですが、こちらはインターネットを利用した学習システムです。
こちらは低コストで臨機応変に対応でき、時間や場所も問いません。
更には個人個人のペースで学習することが出来るので、苦手分野を重点的に抑えることも。
他にもテキストがいらなかったり、成績をクラウドで管理しやすいといった面もあります。
動画形式にしておけば、会社内のスピーチも会場を必要とせず各自のデスクで参加する事だって可能です。

しかし、当然ですが弱点もあります。
eラーニング最大の欠点としては、実地研修などの実技などを伴った事が苦手という事。
やはり体験は自らで参加しなければ得られないので、こういった部分は別で補う必要があります。
最近ではVR技術などで実技研修をバーチャルで行う事も可能性が出てきましたが、まだまだメインで使っていけるほどにはなっていません。
モチベーション維持という点でも、意欲の低い社員には強制力という面で難しいかもしれません。

オススメは混合型

そこでオススメなのが混合型です。
どちらも行ってしまえばそれぞれのメリットを生かした研修が可能となります。
これをブレンディッドラーニングと言います。

eラーニングと集合研修をどちらも利用して、より良い研修を目指してみましょう!

Comments are closed.