内定者研修にかかる費用・コストとは?

内定者研修の費用は?

今回は内定者研修にかかる費用やコストについて解説していきます。
内定者研修は即戦力が必要となる人材不足になりがちな現代型の企業スタイルに非常に有効ですが、一方で当然ながら手間もかかりますし、費用の部分でも気になってくるところです。

入社前に研修をするという事は、会社に入った後を考えると非常に良い経験となります。
一方で、内定者研修と新人研修という2つの手間とコストが企業側にかかってしまいます。
更に、内定者研修を会社側からお願い…所謂強制した場合には労働となり、給与が発生します。
最近では新人研修の費用を浮かせるために、学生時代に無給で会社に呼んで研修するというケースも見られますが、正直好ましくありませんし、何らかの法的措置が取られる可能性もあるので避けたほうが無難です。

コストカットしながら研修をする

では、コストを落としながら研修をする方法はないでしょうか。
方法としては、宿題のような形で問題集のような形式で郵送して提出してもらうという手。
こちらは印刷代などのコストはかかりますが、企業側の手間は減ります。
ただし、本当に身に着けるべき社会人になってからの基礎知識であったり、会社への慣れであったりといった部分はえられなくなってしまうかもしれません。
よって、あまり良い方法とは言えないでしょう。

そこでオススメなのが次の方法。
eラーニングを用いた内定者研修です。

eラーニング研修はメリットが多い

eラーニングはパソコンやスマホがあればいつでもどこでも研修できますし、動画などを用意しておくことも可能。
わざわざ会社に呼んで講義をすれば労働対価を支払わなければならなくなりますし、学生中である新卒内定者にとっては酷な事ですが、こういった問題がなくなります。
しかもeラーニングは個人のペースで進めることができるので、何度でもその教材をやり直しができます。

そして、それと合わせて実際に企業に行って、実践的な経験を積んでいく事で、時間とコストをカットできるのです。
講義であったり知識であったりといった部分はeラーニングで、経験が必要な部分では実際に出向かせて研修させるのが良い方法であり、コストも抑えられるのではないでしょうか。

というわけで、今回はコストカットをするならeラーニングがオススメである…という事をご紹介しました。
是非とも新卒者向け内定者研修にはeラーニングをお試しください。

Comments are closed.