何が必要?社内検定を実施する方法

何が必要?社内検定を実施する方法

社内検定の方法とは

今回は社内検定を実施する方法をご紹介していきます。

社内検定は大きく2つのやり方があります。
まず1つは従来通りのテキスト形式。
テストを受けたり、実際に会場を借りて受験するといった方式です。
こちらは学校などでも用いられている方法であり、馴染み深いやり方だと思います。

次にeラーニングを用いる方法です。
こちらはパソコンやスマホなどインターネット環境にある端末で行います。
環境整備がほとんどいらないので手軽ですが、テスト問題を作る際には若干新しく覚えることがあるかもしれません。

ただ、eラーニングではクイズ形式などいろいろなやり方が取れるのが利点であり、テキストを印刷する必要がないのでコストが下げられます。

社内検定にはメリットがたくさん

社内検定を行っている企業に対して、2016年からキャリア形成促進助成金制度が実施されるようになりました。
これによって助成金が支給されるので、企業にとっては非常にメリットです。
また、企業をブランド化することで価値を高めたり、生産性を向上させたりといった事もありますので、社内検定を行う価値は十分にあると言えます。

手軽に社内検定を行うにはeラーニングを導入してはいかがですか?

Comments are closed.