知っておきたい社員教育の方法と種類

知っておきたい社員教育の方法と種類

社員教育を行っていくことはは企業も成長に必要不可欠です。
では、そんな社員教育の方法にはどんな方法があり、また何が適しているのでしょうか。
様々な社員教育の方法について解説していきます。

社員教育の意味とは

一般的なみかたとして社員教育は社員研修と混同されていますが、実は研修とは教育形式の1つにすぎません。
社員教育は研修…所謂実地研修や、OTJ、面接・面談、資格取得など様々。
その目的は、企業の社員として業務に必要な知識や規範、意識を身に着けることであり、同時にそれらが業績や生産性に直結する為に行うものです。

社員教育の詳しい目的はコチラから
[blogcard url=”https://playse.org/54/”]

社員教育の方法

では、社員教育の方法には何があるでしょうか。

集合型

まず、集合形式。
これは、1つの会場や一室に集まり、講義やセミナーを受講する形式です。
これらには講師を招いて行われるセミナー形式から、参加者でディスカッションを行うワークショップ形式、それらを合わせた形式など様々な形態がとられますが、基本的に1つの会場に集まって同じ情報を受け取るという研修となっています。

集合型のメリットとして、1回の講義で必要な情報を伝達することが出来、直接反応を伺う事が出来るという点があげられます。
また、一か所に集まり社員全体で何かするという事で、意識の面でも向上が望める事です。

反面、会場の費用、講師への費用、テキスト代、移動時間といったコストがかかりますし、全員がすべてを理解しているとは言えないという点です。特に、突出した何かを持っている人、あるいは晩成型でまだその域まで達していない社員とはズレが生じてしまう可能性もあるのです。
よって、この全体講義だけで社員教育をしていくと、いずれ差が生まれてきたり、それに馴染めない社員が脱落してしまうケースも見られます。

OTJ型

OTJとは職場で実務を行う事で研修を行う…いわば実地研修の事です。
上司や先輩の意見や指導から問題点や改善点を見つけて、知識などを身に着けていきます。

こちらはやはり先輩の経験を学ぶことが出来、尚且つ実際にやってみて失敗や成功を得ることで今後の課題に気付かせることが出来る点がメリットとなります。
特に、マンツーマンで教える場合にはその社員の問題点が明確にわかり、それに合わせて教育が行えるのが利点。
反面、指導者となる先輩社員の指導力に問題があったり、パワハラややり方の不一致があった場合は極端に成果が変わってしまう点が挙げられます。

自主型

会社側から課題を出し、自らで解決していく方法です。
これらには資格試験や社内でのテストなども含まれるでしょう。
この方法では社員の自主性を向上させられるかもしれませんが、逆に言えばモチベーションが上がっていない社員には全く効果を見せなかったり、自主的に動くのが苦手な人には難しいでしょう。
特に、学生時代に宿題や自主学習が苦手で合ったであろう社員には苦痛ではないでしょうか。

eラーニング型

eラーニング型とは文字通りeラーニングの学習システムを用いた研修方法です。
インターネット環境にさえあれば場所を問わないので、パソコン室でも各自のデスクでも、スマートフォンやタブレットPCでも行えます。
このeラーニング型は、個人個人のペースに合わせて教材を選択できる点と、時間や場所に囚われない、更にはコストが低く抑えられる、講師の質に影響されないといったメリットがあげられます。
中には最新のVR技術を用いた実技研修も用いられているものもあり、今後更に発展が望まれます。
一方で、リアクションを観察することが難しかったり、誰も見ていないからと怠慢に走るケースもあり、eラーニングを用いるにはテストなどを実施して実際に理解しているかを確かめる必要が出てきます。

以上が社員教育の方法となります。
どれもメリット・デメリットは必ず存在しますので、それらを組み合わせることで補いあう事が大切です。
社員教育で社会人としての知識を身に着け、社風や時代に合わせた方法をとっていきましょう。

Comments are closed.