新入社員の即戦力化育成プラン

新入社員の即戦力化育成プラン

嘗ての方法は通用しない現代の問題

新入社員を即戦力化するにはどうしたらよいのでしょうか。
そもそも過去のやり方が現代の若者には通用しないという前提意識を持つべきなのです。
教育=殴る事のような昭和のやり方から、論理的な教育に代わり、現代では少子化もあってか多くの大人で子供を守って育てるゆりかごのような教育方法となりました。
おかげで現代人はほとんどが過保護気味であり、社会に放り出される恐怖におびえてしまうように。
これが、恐らく現代で若者を育成するのに苦労している点ではないでしょうか。

また、IT化に伴って情報を並列共有する時代となりました。
幼少からネットを当たり前のように使いこなし、他人の芝を高いところから常に見続けてきたおかげで、実際に目のあたりにすると途端にうまくいかなくなってしまう。これらは対人間であるビジネスでは足を引っ張ります。
では、現代型の教育で、且つ即戦力にしていくにはどうすればよいのでしょうか。

原因を明確にする

まず、根本の原因を洗い出します。
大抵の場合これら原因は、

  • 幼少から幸福が満たされている為に起こる欲求不足
  • 過保護教育による体験不足
  • 制限された生活によって起こる好奇心の欠如
  • 不景気しか見ていないことによる社会への不信感
  • 失敗が悪という空気から生まれる挑戦心の欠落
  • ネットの発達で大人社会が閉鎖的となったことによるコミュ力の低下

等が挙げられます。
要は生活様式や環境が変わってしまった為にこれら問題が起こっていると言えるのです。
更に簡単に言い換えるならば、野生的な部分が減ってしまったとも言えるでしょう。
よって、失敗を恐れず飛び込んでいったり、自身の目や身体で物事を体験したり、遊ぶ場が制限された事で好奇心のままに動いたり、大人社会時代がIT化しているために子供がコミュニケーションを見て覚えられなくなったり、そもそも現代社会が飽和的なまでに満たされているので幸福感はとうに満たされてしまっていたりするわけです。よって競争心が生まれることがなくなってしまいます。
最も、すべての若者にこの特徴が当てはまるわけではありませんが、この率は高いと言われます。

新入社員の教育プランとは

では、これらをビジネスの競争社会の中で適応できるように教育するにはどうすればよいのか。

  1. 教育を諦め、会社側が21世紀型のスタイルに転換する。「譲歩」
  2. 苦手とする部分は目を瞑り、若い世代の特技を伸ばす。「長所特化」
  3. 苦手部分を新人教育で補填する「補填型」

この3つが大方の方法ではないでしょうか。
1の方法は今ある体制を根本から変えなければならない為、難しいところです。
2の場合は、1のやり方を会社内で作りつつも、若者の持つIT知識などをフル活用していく方法。
3の場合は、長所はそのままに苦手な部分を指導によって補填していきます。
しかしその指導も、自主性が元々低かったり、欲がないのでかつてのようにはいかないことでしょう。

そこで2,3のケースで最も容易な解決策としてeラーニングによる教育が挙げられます。
これはネットを利用した学習システムであり、個々のペースで進められる学習スタイル。
個性尊重教育となった平成型教育を受けた社員には、非常にオススメです。
このeラーニングを使った学習で会社の理念や業務知識を身に着け、徐々に実践に移っていくことで、社会への恐怖が少しでも薄れるのではないでしょうか。

指導しても中々成長しないという企業様は、eラーニングでの教育を試してみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.