内定者研修で業績アップ!入社前にできる3つのポイント

内定者研修で業績アップ!入社前にできる3つのポイント

入社前にできる業績アップのポイントとは

内定者研修で業績アップに直結させるには、新人研修など入社後にスムーズに業務が進むようにしていくことが重要です。
よって、内定者研修では多くの事を叩き込み過ぎない事が重要となります。

内定者研修を業績アップにつなげる方法としては3つ。

  • 社会人になったときの不安を軽減
  • 挨拶やコミュニケーションを円滑にする
  • 企業への理解を深める

この3点を重視しましょう。

不安は最大の天敵

新卒者は初めて社会人になるので当然不安です。
失敗も経験していないですし、大きな壁が立ちふさがる事もまだ経験していないでしょう。
よって中には「自分は大丈夫なのだろうか」という大きな不安を抱えることも少なくありません。
まずは社会人になった際の不安を取り除くことが大切。
現代の教育は非常に過保護気味であり、失敗を経験していることが少なくなりました。
失敗は悪という認識が強い今の時代で、失敗しても良いんだという事を学んでもらう必要性を感じます。
よって、研修担当者などが自らの失敗談を語りながらも「失敗したって問題ないぞ」という事を伝えていくことが重要。
そして結果として研修中に「自分でもやっていける」と思ってくれれば成功です。
恐らく現代の内定者研修の大部分はココにあるのではないでしょうか。

挨拶と理解を深める

また挨拶やコミュニケーションも大切です。
挨拶は相手に聞こえていなければ意味がありませんが、大抵は恥ずかしがったり不安がったりして声が出なくなってしまったりします。
人は不安になると声が出なくなります。
仲の良い友人と話している時に声が小さい人はいませんよね?
そういった面も上記と合わせながら、少しずつ研修を進めていくと効果が出るでしょう。
慣れてきたら細かなマナーなどを教えてあげればよいと思います。

そして最後に必要なのは企業への理解です。
企業の方針や理念を理解せずに業務は進みません。
自分たちはこういう方向を目指す…という認識を持っていれば、業務で迷う事が少なくなります。

以上3つを重視して行えば、新人研修が円滑に進みますし、業務への適応も早くなります。
結果として業績アップにつながるのではないでしょうか。

内定者研修の目的を見失わない事が重要
内定者研修で業績アップを目指す…というと聞こえはいいですが、内定者研修の本来の目的を見失わない事が重要です。
内定者研修は新人研修への準備段階です。
よって、この段階で業績アップを目指す為に仕込むのは本来の目的とはそれてしまいます。
また、内定者研修期間を利用して即戦力にする場合、ある種の強制力が働き、立派な労働となってしまいます。結果として研修といえど労働対価…つまり給与が発生することはあらかじめ認識しておいてください。

せっかく得た若いパワーを、業績アップに生かしてみてください!

Comments are closed.