playse web面接をアップデート、採用応募者のエントリーから一次選考用のヒアリングまでの自動化が可能に。

playse web面接をご利用いただきましてありがとうございます。playse web面接をアップデートしました。

今回のアップデートで採用応募者のエントリーから一次選考用のヒアリングまでの自動化が可能になりました。

  • 自社サイトやブログ、Facebook、TwitterなどのSNSに、playse web面接で作成したエントリーシートのURLを記載したメッセージを投稿することで募集が可能となります。エントリーシートに「タグ」を設定することでどの求人に対する応募か把握することが可能になりました。また、「流入媒体タグ」を設定することも可能になりました。
  • エントリーシートにヒアリングシートを指定しておくと、応募者がエントリーシートによる応募が完了すると、ヒアリングシートの記入依頼のメールが自動送信されるようになります。
  • 応募の状況は、playse web面接の管理画面で把握できます。ヒアリングシートで募集職種ごとのスキルチェックをおこなうことで、一次選考の精度を向上できます。また、ヒアリングシートの設問に自己紹介動画のアップロードを加えることで、面接前に応募者の人となりを把握することが可能となり、より精度の高い一次選考が実現します。
  • 応募者の情報は採用担当者の中でも閲覧制限を設けることも可能です。例えば、営業職希望の応募者は営業部門と人事部だけが閲覧可能な状態にすることができ、情報漏洩などのリスクを軽減することが可能です。

    閲覧制限を設けるには、エントリーシートで「タグ」を指定します。また、閲覧を許可するユーザー(管理者や担当者)にも同様の「タグ」を設定してください。なお、「タグ」のついていない応募者はすべてのユーザーから閲覧が可能です。また、「タグ」のついていないユーザーはすべての応募者の閲覧が可能です。

その他の修正内容は以下の通りです。

  • ダッシュボードのドーナツグラフをマウスオーバー時に色を薄くして、リンクがあることをわかりやすくしました。(#187)
  • エントリーシートにタグ、流入媒体、ヒアリングシートを設定できるようにしました。(#240)
  • 面接ルームで、評価基準が画面に収まるように調整しました。(#260)
  • 契約情報で、課金対象の今月のユーザー数(管理者、利用者)、応募者数、面接時間を表示しました。(#261)
  • ヒアリングシートで質問を追加した時に選択肢の入力枠を表示するように調整しました。(#280)
  • 面接ルームで非対応のブラウザの場合にメッセージを表示するようにしました。(#281)
  • エントリーシートの生年月日の年のデフォルトを2000年に変更しました。(#282)
  • 面接ルーム一覧と応募者 > 面接で UI の並びが異なるので統一しました。(#290)
  • 応募者をタグ(複数)で検索した場合に結果が重複する不具合を修正しました。(#293)
  • 管理画面のエントリーシートの一覧画面で絞り込みを追加しました。(#294)
  • 応募者のタグを指定した検索ではタグがついていない応募者を検索結果に含めないように修正しました。(#299)

今後も、機能強化や改善を進めてまいります。playse web面接をよろしくお願いいたします。

Tags: No tags

Comments are closed.