どのくらい?新入社員研修の平均的な期間

どのくらい?新入社員研修の平均的な期間

平均は1か月が目安

研修期間の平均はどうなっているのか…計画をする際には気になるところです。
大よその平均期間は、1か月程度です。
しかし、1か月ですべてを叩き込むのにも限度がありますので、これは企業によって変わるでしょう。
例えば実地研修のみを行うのであれば短い期間でも構いませんが、理論立ててOFF-JTまでおこなうとなると3か月は必要となります。

業界別の平均時間をまとめると、

  • 大よそは1か月程度
  • 営業や販売ではOJTのみで1か月程度
  • 銀行などは3~4か月程度
  • 大企業の場合は分けて行う
  • 中には合宿形式で1か月程度行う場合も

という感じになっています。
結局のところ、会社が何を目指していて、何が必要なのかという点から逆算して行うのが理想です。
研修はあくまで時間ではなく何をするかという質ですので、他社と比較して短くても長くても会社にあっていれば問題ありません。よって気にする必要もないと言えます。

但し、合宿の場合は注意が必要です。
というのも、朝から晩まで仕事の一環として拘束されるわけですので、あらかじめわかっていない場合は離職するケースもあります。
また最近ではプライベートと仕事を完全に切り分ける欧米スタイルに移行してきているので、プライベートが確保できないならばこれまた離職のケースにもつながります。

長期間研修をするなら?

長期間にわたって研修をするメリットとしてやはり余裕をもった研修と、より詳細な内容を知ることが出来る点にあります。
一方で期間が長くなるほどコストが高くなります。
そこで、eラーニングを導入して、1日数十分の学習を長期にわたって行う事で、コストを抑えながらも継続的な学習で身に着けることが出来ます。

また研修後には検定などを導入して理解度を確認することも大切です。

まとめ

  • 研修期間は企業により異なるが、平均は1か月程度
  • 合宿形式は事前の準備と告知が大切
  • 社員検定で確認を忘れずに
  • eラーニングによる長期にわたる継続も手段の1つ

以上が今回のまとめになります。
研修期間を抑えたいならば、電子化をしたり必要最低限分だけに絞り、あとは継続的な学習と業務内での復習で補う必要がありますね。
皆さんの企業の求めるスタイルに合わせて期間設定はしていきましょう。

Comments are closed.