内定者研修で企業を理解してもらおう!

内定者研修で企業を理解してもらおう!

効果の出る内定者研修

社会人の第一歩として内定者研修を実施する企業は増えてきました。
一方で、その内定者研修を生かし切れていない点も多く見えます。
今回は内定者研修において会社への理解度が重要だという点をご紹介していきます。

企業を理解してもらおう

内定者研修で結果を出す為には企業への理解が重要です。
内定者研修の目的は、入社後の新人研修に向けての準備段階です。
よってこの段階で会社の理念や方針が理解できれば、何をするのかが想像しやすくなります。

例えば、セミナーなどで経営者がスピーチを行い、経営理念や何故起業したか、どんな人が欲しいのかが分かれば目指す方向性が見えてきます。
また、実際に働いている現場やオフィス、更には開発した商品を見ることで、どんな仕事をするのかもわかりやすくなります。
自分がどんな形で成長していくのかイメージできなければ成長はありません。
よってイメージに必要な実際の現場をどんどん見せていきましょう。

そして最後に今後一緒に働くことになる社員と触れ合って、紹介したりグループワークをしたり、質疑応答をしたりすることで今後のコミュケーションを円滑にできます。
特に、最近の若い世代に行くほど関係を構築するのに時間を要するようになってきたので、先に行っておくことで入社後に慣れるのが早まるでしょう。

それ以外にも、相談チャットを設けたり、SNSを活用したり、動画を公開してみたりといった事で理解度を深める方法もあります。

まとめ

いかがでしょうか。
新入社員には事前に理解度を深めておくことが重要です。
そして、実際に業務を見て触れて、社員と関わっていくことで今後の円滑な新人研修が行えるように準備を進めていきましょう。

Comments are closed.