内定辞退を予防する内定者研修

内定辞退を予防する内定者研修

内定を辞退されないためには

せっかく採用しても内定を辞退されてしまう…そんなケースは避けたいものです。
今回は辞退されないようにする内定者研修のポイントを解説していきましょう。

事前に不安を打ち消すことが重要

内定者研修の目的は入社前に会社や労働に馴染んでもらう事が目的で、新人研修への準備段階です。
同時に、社会的な不安要素を打ち消すことで内定を辞退することを防止する目的もあります。

内定者研修と新人研修の大幅な違いとは、内定者研修は慣らしと準備段階であるのに対し、新人研修ではマナーであったりスキルであったりといった実際に業務で使える能力を身に着ける目的があります。

内定者研修で伝えるべきポイント

では、内定者研修で行うべき点についていくつか方法をご紹介していきます。
1つ目は社会人としての心得を伝える事。
社会人としての責任は学生時代とはやはり違ってくるので、早いうちからこの違いについて伝えておくと良いでしょう。

2つ目に会社への理解を深める事です。
実際に業務をする前にどんな部署があり、どんな目的で動き、どんな事をしているのかといった事を伝えておくと馴染むのが早くなります。
昨今では若手ほど適応に時間がかかる傾向にあるので、具体的に伝え、実際に職場見学をしながら社員と触れ合っていくのがベストと言えます。

3つ目に挨拶です。
より実践的なマナーに関しては新人研修で行うとして、基本中の基本としてあいさつの仕方を教えていくのが良いでしょう。昨今では上下関係が薄れていますが、それでも礼儀は重んじるべきです。

辞退防止に努める

内定辞退を防止するにはこれ以外にも方法が必要です。
それは入社前の不安を解決する事にあります。
例えば事前に内定者同士や社員との交流を深めておけば、余計な不安を抱くことはありません。
また、内定者と連絡をとっておけば悩みを相談しやすくなります。
更にはSNSなどで定期的に情報を発信することで、会社の熱意や楽しさを理解してもらえることもあります。

以上、内定者辞退の防止に必要な研修の内容と対策でした。
せっかく獲得した人材ですから、会社の為に生かせるように丁寧に育成していきましょう。

Comments are closed.