内定者研修で困ったときに使える企画

内定者研修で困ったときに使える企画

内定者研修で使える企画

今回は内定者研修の内容にお悩みの企業様向けに、こんな企画をやったら有効…というものをいくつかご紹介したいと思います。

せっかく人材を獲得したとしても内定を辞退する割合は近年高いようです。
これは複数内定を持つ学生が多い事が理由ですが、内定者研修を丁寧に行わなかったために離れたケースも多くあります。
昨今はネット社会で情報の拡散スピードが極めて速いので、研修が微妙であったり社内の空気が少しでも悪かったりするとたちまち広まってしまうものです。よって連鎖的に内定辞退となるケースもあります。

では、内定者研修の企画でそれらを解決する方向にもっていきましょう。
それらには以下の方法が考えられます。

職場見学

実際の職場を見てもらって労働環境を体感してもらう方法です。
よくある方法ですが、会社を知ってもらうには一番早い方法です。
昨今ではデジタル世代が大半ですので、オフィスが電子化されているほど効率がよく柔軟性があると見られます。特にIT分野であればなおさらですね。

社員紹介

社員を紹介することも大切です。
形式的な挨拶だけにとどめず、実際に彼らがどんなポストに就きどんなことをやっているのか。
また新人に頃に何かしら苦労した話などを添えて親近感を持たせることができればなおよいでしょう。

ゲーム

社員と一丸になって何かゲームをするのもアリです。
特にチームで行うようなゲームをおこなえば、実際に新人社員にどんな能力があるのかも見ることができるでしょうし、優先順位をつけて計画的に進められるのかといった会社の雰囲気も伝えることができます。
有名なゲームとしてはNASAゲームやマシュマロチャレンジなどがありますが、協力型のビデオゲームを利用する手もありますね。もちろんスポーツも1つのゲームですので、取り入れてみても良いかもしれません。

いかがでしたか?
昨今では欧米化の影響で仕事も楽しむというライフスタイルへと変化しつつあります。
内定者研修を楽しく且つ有意義に終わらせることで、今後社会での活躍に不安を抱く新入社員をキャッチしてみませんか?

Comments are closed.