新入社員が辞めてしまう理由とは

内定者ビジネスマナー研修はお早めに!

内定者マナー研修

内定者研修では、学生から社会人になるまでを繋ぎ、予習を行える期間でもあります。
その中で、今回はビジネスマナーについてご紹介していきます。

内定者研修では職場体験や講習会が行われますが、その中の1つとして重要なのがビジネスマナーです。
昨今では在学中に講師を招いて行われるビジネスマナー研修がありますが、内定者研修ではそれらを自社の方針に合わせた形で行うことが推奨されます。
ビジネスマナーの基本となるのは挨拶、服装、電話対応、メールの作成など多岐にわたりますが、特に業務で使う事を重点的に身につけさせたいところです。
特に、これから社会人となるわけですから、しっかりとしたけじめと、責任感を持ち、学生気分から切り替えていくことが目的です。

ビジネスマナー研修の到達点としては、
ビジネスマナーの重要性を理解することであったり、より良い信頼関係の構築、身だしなみの重要性、言葉の言い回し、名刺交換の作法、スーツの着こなし方、電話対応の仕方などが挙げられます。

研修方法

マナー研修を行う方法はいくつかありますが、大きく2つ。
1つは講習会を開き、実際に集まって行う形式。
もう1つはeラーニングを通してネットを通じて動画やテキストで行う形式。
前者の方がより問題点がわかりやすく、アドバイスもしやすいですが反面コストは高くなり、時間的制約も付きます。
一方で後者は質問などはしにくい反面、手軽でコストも安く拘束時間が短く済みます。
どちらを使うかは、他の内定者研修の内容に左右されますが、学生側が忙しくて研修の暇がなさそうであったり、自社のリソースが足りていない場合にはeラーニングを選択していくのが理想的です。

というわけで今回は内定者向けのビジネスマナー研修について解説しました。
是非とも自社のカラーにあった研修を行い、優秀な人材を育ててみてください。

Comments are closed.