内定者研修で新卒者のコミュニケーションスキルを身に着けよう

内定者研修で新卒者のコミュニケーションスキルを身に着けよう

コミュニケーションのポイントを伝えよう

社会人として必要となるのがコミュニケーションスキルですが、最初からうまくできるわけではありません。新卒者の入社前にある程度の研修を行っておくことで、入社後の研修で円滑に進むようになります。

そもそも学生時代のコミュニケーションと、社会人に要求されるコミュニケーションは何が違うのでしょうか。
まず1つ目に、社会人は伝えるということを重視します。
仕事をするうえで、伝達ミスは起こります。これを防ぐためには伝えるという心がけで会話しなければ意味がありません。当然ながらこれはお客様への対応も同じです。

そして、コミュニケーションで重要な3つのポイント。
「聞く」「伝える」「表現する」です。
これらがバランスよくできていれば合格となります。
そういった点を内定者研修を通して伝えていくことが重要です。

他にも、相づちをしたり、反復、要約、言い回しといった点もコミュニケーション能力の1つです。
どんな立場の人に対しても会話ができるのが理想的ですよね。

体験を通して学習させる

これらコミュニケーションに関する研修は、色々な方法で行えます。
例えば講習形式にしたり、グループワーク形式にしたり、ゲーム形式にしたりと様々。
昨今ではスマホの普及でコミュニケーションの機会が非常に減ってきていることもあり、全体的にその力は弱くなっています。なのでより体験型の研修にしたほうが価値は高まるでしょう。

また、eラーニングを用いて何度もトライする事でも学習できます。
社会人として節度のあるコミュニケーションスキルを身に着けるために、内定者研修では是非とも体験型のコミュニケーション研修を行っていきましょう!

Comments are closed.