優秀な新入社員を教育する為には

優秀な新入社員を教育する為には

優秀な人材育成には理論が大切

今回は優秀な新入社員を教育するポイントをご紹介していきます。

早速本題ですが、優秀な人材を育てるにはどうすればいいと思いますか?
多くの失敗する環境では、教え方の悪さにあります。
例えばOJTなどの実地研修や講習会もやり方や規格によって成長幅はピンキリです。
また、一度に多くの事を教えようとして情報過多になってもやはり伸びはしません。
そういった失敗するパターンとして、最後には最近の若い人の能力が低いのでは…という疑念になってしまいがちですが、むしろ近年の若者の方が、1から10まで教えた通りにこなしてくれるので実は優秀な人材に育てやすいのです。

では成功させるにはどうするのか。
まずは理論立てと目標です。
具体的に何をして、こういった事をするとこう役立つ…といった事が的確に教えられれば成功するのです。
多くの場合は見て覚えろといったことであったり、説明しなくてもわかるだろうとして省略してしまいがちですが、じっくりと教えていけばそれらをきちんと理解してくれるはずです。

またOJTだけを行うスタイルもよろしくありません。
例えば職人系の職業であればそういったスタイルもありかもしれませんが、やはりどんな職業でも理論や知識は重要で、それを踏まえたうえで行うのと行わないのでは全く効果が違います。
よって最も良い方法はOJTとOFF-JTの混合学習です。

OFF-JTにはeラーニングや講習会が最適ですが、eラーニングの方がよりじっくりと学習を進められますし、何より近年のIT社会にピッタリですので、適応力も高いです。

というわけで最後に今回のまとめになりますが、

      

  • 失敗の理由は教え方が雑である事
  •   

  • 理論と知識に沿って行う事
  •   

  • OJTだけでなくOFF-JTも行う事
  •   

  • 一度に多くを教えず、本当に必要な部分だけピックアップする事
  •   

  • eラーニングが最適

となります。
もし新入社員教育で効果を出したければ、これらの方法をご参考ください。

Comments are closed.