新入社員研修のカリキュラムとOFF-JT

新入社員研修のカリキュラムとOFF-JT

主なカリキュラムとは

新人研修のカリキュラムは多岐にわたりますが、効果のある内容にするためにどのような事が挙げられるでしょう。

まず社会人としての意識を持たせることが大切。
これまで学生期間やアルバイトではあまりプロフェッショナルな意識を持つことはありませんでした。
それは責任を負う事が少なかったり、収入を親に頼っていたりといった守られた立場であった状況から来るものです。よって服装が雑でも怒られる程度であったりといった感じでした。
一方社会人になると、業務への責任は強くなりますし、身だしなみも会社のカラーに合わせなければなりません。要はTPOが重要になり、それは立場が大きくなるほど強くなります。
よって、最初の段階である新人時代にそれらの意識を培う事で、今後の社会生活が有意義になるのです。

他にもビジネスマナー学習などがあります。
ここでは挨拶から名刺交換、顧客対応、電話・メールの方法などに至るまで基礎的な事を学びます。
コチラも会社のカラーがありますので、会社ごとに異なるでしょうが、基礎的なものに関しては教材を利用するのも手です。
他にもビジネスライティングなどの学習や、リーダーシップ研修などもあります。

eラーニングでOFF-JT

これら学習にはeラーニングを用いることが最適です。
近年ではOJTとOFF-JTを組み合わせることが重要であることが認識されつつありますので、混合学習を用いるにはeラーニングは最適。
しかも昨今の若者はIT知識が高いので、ネット学習形態であるeラーニングと非常にマッチしています。
というわけで、基礎的なカリキュラムはeラーニングの教材を使ってみましょう。

Comments are closed.