demo-attachment-1096-pic12

社員教育の目的とは

今回は社員教育の目的とは何なのか…というテーマで解説していきます。

社員教育の必要性やポイントはいったい何なのでしょうか。

社員教育のポイント

社員教育を通じて実現したいこととして以下のようなポイントが考えられます。

  • 多面的な視点から物事を見ることを培う
  • 問題点や改善点などの対応力を鍛える
  • 無駄なく利益を生み出す知識を身に着ける
  • 社内・社外での信用を獲得できる

会社の業績を伸ばしていくためにも、これらのポイントを踏まえて社員教育を行っていく必要があります。

新人教育

まず必要なのが新人教育です。
これは、社会や会社のルールを学び、基礎を教えていくことで問題が起こったときに対処が容易にできるようにしておくためです。
当然ながらこれら問題解決には応用も必要ですが、これは社会で実際に問題を解決していく中で学ぶことであり、急には難しいものです。
新人教育で求められるのはまず基礎的な知識であり、今後応用力を身に着けるうえでの準備段階と言っても良いでしょう。

継続的な社員教育を

教育や研修というと新人が行う事であるという認識が強いですが、社会に慣れた社員でも教育は欠かせません。
社員研修を通して、社員全体の能力を高めることができれば、企業全体の生産性が向上することになります。
確かに社内プロジェクトの合理化も1つの方法ですが、それを実行するのは社員ですので、社員から整えていくことが大事なポイントです。

社員教育は個人に合わせて行う時代

21世紀の社員教育の方法はより個人に合わせた合理的な方法が望ましいものです。
昔のような見て覚えろ、上司の下についてある種の師弟関係のような体制で学ぶというのは、今の時代ではより難しくなりました。

教育にもいくつか方法があり、基礎をマニュアルの様に学んだほうが対応できる人と、多くを縛り付けずに必要点だけ教えていく方法の2パターンがあります。
これら方法はその人を見て判断していくのが望ましく、元々機転が効く人にマニュアル的方法で教えてしまったり、その逆に規律やルールを明確に行う人に端的な方法を教えてしまったりというすれ違いを避けなければなりません。
教育を成功させるためには、まずはその社員の人格や性格、スキルを把握するのが第一ではないでしょうか。

研修もいくつもの方法が考えられます。
その中でも最も有力とされるのがeラーニングシステムを用いた学習方法です。
eラーニングは電子媒体を用いた学習ですが、このeラーニングは個人のペースに合わせることが容易となります。
そのeラーニングと、実地研修をあわせたブレンディッドラーニングを利用するのが昨今では最も良い方法とされています。

グローバル化によって全体主義から個人主義の社会となり、教育方法も絶えず変化し続けています。
21世紀型の教育システムを導入するなら、ぜひともeラーニングを導入してみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.