demo-attachment-506-photo-1473182296310-8f43085844fd

社員のスキルアップを目指そう

社員のスキルアップを目指す為に、何をしていますか。
そもそもスキルアップとはなんなのでしょうか。
今回は、そんなスキルアップについての方法をご紹介していきます。

●h2>スキルアップの真意とは

まずスキルアップとは何なのか。
一般的に能力を高めるといった意味合いが強いと思いますが、結局は結果でしか見えてきません。
しかしほとんどの場合、表面的な部分だけにとどまり、生産性に直結しないことがほとんど。

大切なのは、スキルアップは結果から導き出されなければならないということです。
例えば、今まで10時間かかっていた作業が5時間に半減したとか、更に言えば学んだことを人に説明でき指導できるだけの知識と理解が身に就いたとか…もっと形にしたければ、売り上げがいくら上がった、資格を得られた、顧客に認められた…といった何かしら業務に直結することでなければなりません。

スキルアップは社員教育

ではどのようなスキルアップ方法があるのでしょうか。
一番に思いつくのが社員教育。
しかし、その社員教育も昨今は難航していると言われます。

上司の指導が大切?

社員のスキルアップには社員教育。
その社員教育には上司の指導が欠かせません。
良い指導は良い結果を生む……そんなことは分かりきっている事だと思います。

しかし一方で、この指導という部分が最大の難所と言えると思います。
近年ではグローバル社会の影響もあり個人主義となって、より指導が難しくなってきているようです。
例えば―社員の性格に合わせられない、時代に対応する指導力がない…など色々な問題に直面してスムーズに行くことはありません。
他にも指導の前に、社員側の性格の不一致、ジェネレーションギャップといった色々な側面によって難航するのが指導ではないでしょうか。

しっかりと会社全体で導いていきたいが、問題にどう対処すればよいのか。
そこでオススメするのがeラーニングという解決策です。

eラーニングという方法

eラーニングはインターネットを用いた学習システムで、昨今非常に注目されています。
何故このeラーニングが最適なのかというのを解説していきます。

まず、eラーニングには指導係は必要ありません。
各教材がeラーニングシステム上に存在するので、受講者はそこから学びたい教材を選択できるのです。
eラーニングでは画面上の教材と受講者が向き合って学習するので、隣に上司や先輩がついている心配もなく、いつも通りの業務が続けられるのです。

次に、eラーニングは教材が非常に豊富であり、個人のペースで進められます。
今までは性格的に指導が難しい、世代間ギャップが、スキル不足が、といった面が引っかかっていたと思いますが、各自の成績に合わせて教材を選べるのでこういった心配が軽減。
特に個人主義化している現代には最適と言えます。

更には成績管理がクラウド上で行えたりといった容易さがあったり、コストを抑えられたり、場所にとらわれなかったりといったメリットがあります。
直接指導だけでは辛かった部分が、eラーニングを用いることで一気に解決します。
もちろん、今までの方法と組み合わせることでより効果を発揮するでしょう。

21世紀型の社員のスキルアップにはeラーニングがおすすめです。
社員教育はスキルアップの基本ですが、その基本の方法も大きく変わろうとしています。
現代型の教育に悩んでいるなら、eラーニングを試してみてはいかがですか。

Comments are closed.