整理しよう!内定者研修を行う方法

内定者研修を行うには

今回は内定者研修を行う際の方法をご紹介していきます。
内定者研修の目的は主に新卒者を対象に、社会人としての意識を学生中に身に着ける事と、今後行われる新人研修や業務に対して早めに慣れておくという2点が主です。
では、それら目的にあう方法には何があるのでしょうか。

実際に出社してもうら

まず1つ目は実際に会社に来てもらい、講義などをしながら進めていく方法。
これはごく一般的なやり方であり、中には実際に部署に行って業務を体験してみるといった体験型形式をとるケースも有ります。
ココでどういった流れで、どのような作業をするのかといったことがわかれば、入社後に戸惑う事がなくなりますので、入社後を考えると妥当な方法と言えるでしょう。

但し、あくまでも新卒者の場合は学生ですので、当然ですが学業が疎かになってはいけません。
よって、そういったスケジュールの都合やアルバイトとの都合などを考慮しなければいけない可能性も出てきます。
特に内定の場合は、最悪取り消される可能性も無きにしも非ずですので、通い続けるのは難しいということにもなりかねません。

在宅で行う

もう1つの方法としてはeラーニングが挙げられます。
これはインターネット学習システムであり、パソコンやスマホでどこからでも学習できます。
要はeラーニングを使って在宅での研修を可能にするという事です。

確かに実体験を伴うような学習はVRが発展途上という事もあり難しいですが、講義形式の研修であったり、特に見て覚えるようなものに関しては動画などで学習できるため、大変便利です。
しかも、学業やアルバイトの合間にも可能なeラーニングは在学中の内定者向け研修としては非常に有効。
若い世代ほどネットをフル活用する傾向にあるので、eラーニングは適任と言えます。

というわけで今回は2つの方法をご紹介しました。
皆さんの企業でも内定者研修をする機会はあるかと思いますが、方法に悩んでいる場合は是非ご参考ください。

Comments are closed.