社内検定実施の目的とは

社内検定実施の目的とは

最近社内に検定制度を設けて社員に検定を受けさせる企業が増えています。
社内検定を行うことでどのような効果があるのでしょうか。
これから社内検定実施の目的について解説していきます。

社内検定とは

今回は社内検定の目的について解説していきます。
社内検定とは社員に必要なスキルや知識に対しての検定制度を設けることで、これらを計画的に受験させる制度を言います。
この社員検定は厚生労働省の助成金制度の対象となり、1社あたり最大60万円の助成金を受け取ることが可能。
仮に生産性要件を満たしていない場合では47.5万円が受け取れます。

つまり、社内検定を積極的に行う事で助成金を得ることができます。
これが目的の1つとなります。

また、それ以外にも当然ですが会社のスキルレベルを向上させることにもなりますので、検定を実施していけば社内教育が行き届きやすくなるのです。

社内検定を実施する方法

では、社内検定を実施するにはどうすればよいのか。
まず1つ目の方法はテキストなどを用いる方法。
こちらは従来通りのペーパーテストなどを用いたり、講師を呼んで検定に向けての講義をしたりといった方法が考えられます。
しかしコチラでは場所も時間も確保が大変ですし、社員が多いほど用意するテキスト量が増えてしまいます。

そこで2つ目の方法です。
これはeラーニングを用いる方法。
eラーニングには学習教材以外にも検定向けのコンテンツも用意されており、中にはそのまま検定試験を受けられるものまで存在。
しかも、これら検定はスマホやPCなどから簡単に実施でき、管理も用意でありながら、システム導入後は印刷代などが浮くためコストカットが望めます。

というわけで、オススメの方法はeラーニングを用いた検定となります。

いかがでしょうか。
助成金を受け取れる検定は是非とも実施すべきですが、その方法として用意に実施できるeラーニングが最適であることがお分かりいただけたと思います。
是非ともご検討してみてはいかがですか。

Comments are closed.