企業の未来を左右する!?新入社員教育の目的とは

企業の未来を左右する!?新入社員教育の目的とは

毎年新人が入社してくると、どのように教育をしていけばよいのか頭を悩ませる人事担当の方も多いかと思います。
会社の未来を担う新人の教育は、非常に重要です。
今回は新人教育をどのような目的をもって実施していくべきなのかについて解説していきます。

新入社員教育とは

新入社員教育(新人研修)は大体の企業が実施している、新入社員を対象にした研修です。
では、それらの目的は何なのか理解したうえで実施しているでしょうか。
今回は新人研修の目的を理解し、明確にしていくために解説していこうと思います。

新人研修の目的

新人教育の目的とは

  • 社会人となった意識を再確認する
  • 会社のルールや理念を理解する
  • 基礎的なビジネスマナーを身に着ける
  • 自らの立ち位置を認識させる

といったことがあげられます。

新人教育では、社会に出てから直面する困難に遭遇した時に対応できる力を最終的に身に着け、今後会社の労働力となる為に知識や経験を付けるのが最終目的ですので、これらを踏まえながら研修を進めていくのが理想的と思われます。

では、そういった心得や経験はどうやって得ていくのでしょうか。
経験を積むという点であれば、やはり実地研修など実践的な業務を見て学ぶことです。
しかし、オススメの方法としてはeラーニングが挙げられます。
ここでは実践以外のマナーや理念といった知識的な部分を学ぶことができ、尚且つ運用コストや管理、更には学習を受ける時の容易さがメリットの学習システムです。

eラーニングでは教材も豊富であるため、ジャンルごとにそれぞれ特化した教材を選択できますし、汎用的な一般教養やマナーの部分を学ぶにはピッタリです。
新人研修では色々と方法に悩むところがあると思いますので、そういった場合には是非とも導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.