何が最適?新入社員教育の方法とは

何が最適?新入社員教育の方法とは

集合研修やeラーニングなど、企業における教育には様々な方法があります。
新入社員の教育に適しているのはどのような教育方法なのでしょうか。
今回は新入社員教育の方法について解説します。

新入社員教育の目的についてはこちらをご覧ください。
[blogcard url=”https://playse.org/90/”]

新入社員教育には様々な方法があると思いますが、どれが良いのか悩んでいるケースはないでしょうか。
教育をする方法は用途に分けて様々ですので、まず何をさせたいのか、何を学ばせたいのかという目的を明確にしましょう。

目的が明確になったら、方法を検討していきます。
主な方法は3通り。

  1. 集合研修
  2. 実地研修(OJT)
  3. eラーニング

です。

集合研修

まず1の集合研修ですが、こちらはワークショップ形式からセミナー形式まで様々ですが、会場を借りて講義などを行いながら研修を進めます。
この方法でえられるのは、

  • コミュニケーション力
  • チームワーク力
  • 実際の社内の雰囲気

などを培ったり体験できます。
特に3つ目の実際の社内の雰囲気に触れられるという点は、新入社員にとって会社に慣れていく一歩ですので非常に重要ですね。

実地研修(OJT)

次に2実地研修は、実際の作業現場などで作業を見たり体験したりして学習する方法。
こちらは特に工場やデザインなど製造にかかわる部分などで非常に有効であり、むしろ体験しなければ分からないことを覚えられるチャンスとなりますので非常に有効。
また、営業マンとして自社製品を売っていく際にも、実際の現場を味わって営業になることも重要なので、そういった意味でも使われます。

  • 実際の業務の経験
  • 作業の流れ

など、実務として大切な事が学べるのが最大の特徴ではないでしょうか。

eラーニング

そして3のeラーニングですが、こちらはインターネット環境にあるPCやスマホなどの環境で学習することができるシステムです。こちらでは講義は動画やテキストなどで見て学習。
内容としては集合研修と変わらないのですが、こちらは時間や場所を選ばず、簡単に自分のペースで学習が進められるので集合研修よりもより重点的な学習が可能です。
しかもテキスト代などがかからずコストが低く抑えられるので、電子化が進む現代では非常に注目されています。

というわけで今回は新人研修の方法3つをご紹介しました。
これらは用途によって使い分けたり、併用したりするのがベストですので、まずは目的を明確にし、そのうえで学習方法を選んでいきましょう。

Comments are closed.