内定者研修の目的とは

内定者研修の目的とは

内定者研修の目的とは

今回は内定者研修の目的についてご紹介していきます。
内定者研修は内定が決まった人材が、入社時にスムーズに事が運ぶようにしておく研修…簡単に言ってしまえば予習のようなものです。主に学生の新卒者向けに行われる研修となります。

内定者研修の目的は「即戦力となる人材づくり」と「社会生活での慣らし」です。

まず即戦力となる人材づくりですが、入社後の新人研修に向けての予習というのが目的です。
事前に予習をしておくことで、職場への慣れが早くなったり、研修がスムーズに行くようになります。
昨今では終身雇用が当たり前でなくなったため、人手不足に陥るケースも多いようです。
よって、なるべく早い段階で戦力になる事が求められるようになりました。

もう1つの目的である社会生活での慣れ…という側面もあります。
これは、学生から社会人になるまでの新生活での慣れを早いうちから研修しておくことで速めていくという目的があります。
特に初歩的である挨拶などの基礎、学生気分が抜けないといった事が少しでも解消されます。
学生と社会人は違うという認識を持たせて、仕事モードに切り替えることで今後の新人研修での身の入りに変化があるのではないでしょうか。

内定者研修は準備期間です。
ここでしっかりと準備をしておくことで、新入社員として良い姿勢で臨めるでしょう。

内定者研修はeラーニングが最適

一方で内定者研修も規模が大きくなれば会社側の負担がかえって増えてしまう事でしょう。
そこでオススメなのがeラーニングです。
eラーニングではパソコンやスマホなどのインターネット接続環境にある端末でどこでも手軽に学習が行えるシステムです。
このeラーニングを用いれば、会社に毎回来てもらわなくても自宅で学業の間に行う事ができます。

eラーニングでは動画なども用いることができるので、会社側からのセミナー講義を配信することも可能です。
特に若い世代ほどインターネットと密接になっていますので、eラーニングは最も最適な方法と言えるでしょう。
会社側の負担、内定者側の負担なども減るeラーニングを是非とも内定者研修に利用してみてください。

Comments are closed.