何が最適?内定者研修のコンテンツ

何が最適?内定者研修のコンテンツ

内定者研修で使えるコンテンツとは

内定者研修では入社後の研修や業務に備えた研修が可能ですが、どんなコンテンツ内容を用意すればいいのか悩んでいるケースはないでしょうか。
というわけで、今回は内定者研修に使えるコンテンツをご紹介していきます。

使える、内定者向けコンテンツ

ここでは内定者研修で使えるコンテンツを数パターン紹介していきます。

基礎学習

1つ目はマナー研修。
ビジネスの基本となる挨拶やメール、テーブルマナー、報告などの基礎を学習。
最近では欧米スタイルをベースに、旧来の方法を省略する企業も出てきていますが、とりあえず基礎だけ覚えておけば後から崩すことも可能。
よってまず基礎をしっかりおさえておきましょう。
特に、この基礎研修で学生から社会人になるという意識を持たせることもできますので、マナー研修はしておくとよいと思います。
ちなみにオススメなのがテーブルマナー研修であり、営業部であれば会食のケースもあるかもしれませんので余計に重要でしょう。
但し、あまり重視しすぎても慣れるまでに労力がありますので、忘れてしまうかもしれません。
ここでは適度に行っていくのが大切です。

実務研修

2つ目は実務研修。
コピー取りであったり、ワード・エクセル、メールや電話の対応、業務の流れなどです。
特に最近では労働時間短縮の動きがみられるので、仕事を後回しにしないように素早く動くことが重要。
よって優先順位を決めていく習慣もここで身に着けてしまいましょう。
こういった基礎的な業務研修をしておくことで、就業時のミス防止や新人研修での読み込みが早くなります。
上記以外でも、業務で使う事があれば併せて見せていくといいでしょう。
ここでは会社がどういった労働をしているのか…というイメージを持ってもらう事が大事です。

実際に体験してみよう

3つ目はオリエンテーション形式。
実際に社員に混ざって何かをすることで、企業に早く慣れてもらえますし、チームの雰囲気なども把握できます。といってもまだ内定の段階でありますので、楽しく行って良いイメージを持ってもらえるとよりベストかと思います。
社会人生活は不安がいっぱいですので、いきなり怖がらせてしまっては逆効果。
まずは社会人ってこんなに楽しい…という興味をそそる内容があると面白いですね。
他にも普通に飲み会を開いて交流を深めたりしても良いかもしれません。

というわけで、今回は内定者研修向けのコンテンツをご紹介しました。
他にも豊富なコンテンツが欲しいという場合には多くの教材を持つeラーニングを研修に盛り込んでみるとよいかもしれません。
eラーニング研修は後の新人研修でもそのままつかえるのでオススメです。
是非とも内定者研修で企業の理念やスタイルが理解してもらえるように頑張りましょう。

Comments are closed.