ニューノーマル時代の人を育てる環境作り

〜テレワークでも効果が出せるマネジメント環境とは〜

オンライン採用/研修プラットフォーム「playse. (プレイス)」や人材派遣業界特化 eラーニング「派遣のミカタ」を提供する、株式会社manebi(東京都千代田区 代表取締役:田島智也 以下manebi)は、組織開発・人材育成のコンサルティングを得意とする株式会社フィールドマネジメント・ヒューマン・リソース(東京渋谷区 代表取締役社長:小林傑 以下FMHR)と、共催ウェビナーを2020年12月3日(木)に開催いたします。

ウェビナー概要

今まで議論されていたニューノーマルが覆されたウィズコロナ時代。
強烈な働き方の変化が求められる中、マネジメント環境も大きく変化し、マネージャーのあるべき姿・マネジメント手法の見直しが求められています。

日頃マネジメントに苦労されているマネージャーは、テレワークが進んだことでより一層困惑しているのではないでしょうか?
今後はこれまで以上に、マネージャーの育成も含めた 人を育てる環境づくり が重要なテーマとなってきます。

本講演では、人を育てるためのマネジメント環境づくりについてポイントをお伝えするとともに、今求められているマネージャーを育てていくにはどのような施策が有効か、組織としてどう実行に移せば良いのかについてお伝えします。

ウェビナー内容

【第一部】ニューノーマル時代の人を育てるマネージャーづくり
 ・コロナがもたらしたマネージャーを取り巻く環境変化
 ・今求められる「人を育てるマネジメント」とは
 ・人を育てるマネージャーをどう作るか

【第二部】オンラインでオンボーディングする教育環境とは
 ・オンボーディングとは
 ・オンラインでオンボーディングする教育環境とは
 ・具体的な教育手法

【質疑応答】

登壇者プロフィール

株式会社フィールドマネージメント・ヒューマンリソース 執行役員
山田 博之/Yamada Hiroyuki

関西大学法学部卒業。
2社の事業会社での営業経験を経て、㈱タナベ経営にてHR領域を主とした経営支援コンサルティングを実施。主担当として25社の経営・人事改革や次世代幹部人材育成などの大型プロジェクトを実行。富士ゼロックス関連会社の人事企画担当として、人事制度改定、次世代経営人材育成、人材データベースシステム導入、ダイバーシティ(女性活躍)推進等の人事施策を立案・推進。㈱ディスコの人事コンサルティング事業部の事業部長として当事業のスタートアップに従事。2017年に㈱フィールドマネジメント・ヒューマンリソースに参画。現在100社以上の実績を有す。

株式会社manebi 代表取締役CEO
田島 智也/Tajima Tomoya

1986年生まれ、日本大学生産工学部卒業。
12歳のとき父が他界し家業が倒産。その後、母の背中を見て育ち、親への恩返しの想いと就活中に出会った経営者の志に触れ、23歳で起業。2010年1月クリエイティブ企業を共同創業、共同代表に就任。2013年8月株式会社manebiを創業、代表取締役CEOに就任。2016年にスタートした派遣業界特化のキャリア形成支援プラットフォーム「派遣のミカタ」は、業界で日本No.1のシェアを持ち、パッションリーダーズアワード2016 準大賞を受賞。日経BP社「続 日本のベストベンチャー15社」に選出。

ウェビナー詳細

ウェビナー名:manebi × FMHR共催ウェビナー「ニューノーマル時代の人を育てる環境作り」
開催日時:2020年12月3日(木) 13:00〜14:15(質疑応答含む)
開催場所:Zoom
参加対象:どなたでも参加可能です
参加方法:下記お申込みフォームよりお申込みください

お申し込みフォーム